2005年09月27日

DJ機材の巻。

私の使っている機材

 よく機材とか機械に興味のある方から、”いつもはどんなの使ってるの?”
 と聞かれます。一応説明するのですが、言葉だけだとわかりにくい&私
 の機材はラテンではスタンダードではないのでDJ日記を書くかわりに
 機材の紹介などを今日はしたいと思います。


 その1.CDJ(パイオニアCDJ-800)
 cdj800_a03.jpg
 一番の頻度でもあるCDJはパイオニアを使っています。
 S@MURAIさんなどメジャーな方はCDJ-1000MARKUなどさらに上位機種を使ってらっしゃる
 ようですが、私はメディア(スマートメディア)などの記録媒体を使わない、さらに
 ループ機能を多用するDJスタイルなのでこの機種にしています。これを2台使うわけ
 ですね。

 その2.ミキサー(ベリンガーVMX1000)
  DJ-509-0004_1.jpg
  ”なんでベリンガーなんだ!?”といわれそうですが、持ち運びにとても軽い(という
   か安普請ともいう・笑)ベリンガーのミキサーはとても重宝するのです。
   操作とかは確かにやりづらいし(つまみ軽すぎ)、縦フェーダも短いので微妙なタッチ
   が要求されますが、私は結構このメーカーの”手軽さ”が好きです。

 その3.ターンテーブル(SANTON ST223)
   DJ-502-0003_1.gif
   これは、、、サルサのDJではまだお目見えさせてないんです。
   というのもサルサではアナログはまずありえないことが多いもので、、、、
   でも音はCDに比べ格段にいい!!深みのある音で踊ると、同じ曲でもぜんぜん
   雰囲気が変わるものです。そろそろ投入しようかな、と考えています。
   レコードもたまったしね。

 その4.エフェクター@(KORG KAOS PAD2)
   EF-D-KAOSS_PAD2_s.jpg
   今メインで使っているエフェクターですね。
   値段は3万円台なのでエフェクターでは高くもなく、安くもないくらい。
   しかし値段に見合う効果がたくさんあり、タッチパッドという初めての
   試みで、音のかかり具合を指先で調整する、というユニークな方式を取って
   いるせいで、DJをしていても"演奏している”気分になれます。
    そろそろ第一線から退いて2番手エフェクターになりそうですが、私に
   とっての”戦友”みたいなもので、末永く使いたいと思っています。

 その5.エフェクターA(パイオニアEFX-500)
   DJ-500-0011_s.jpg
    今度から投入するつもりのエフェクター。S@MURAIさんも使ってらっしゃいますね。
    機械の左半分と右半分で音の加工方式が違う(左:リズムに合わせて行うエフェクト
    右:それ以外のエフェクト)ので、一度に2つの効果を作ることができ、さすが
    1流所だけあって、出力側にもアイソレータ(出力調整機能:高・中・低音それぞ
    れに出力を調整できる)がある高級機種です。

  その6.サンプラー(BOSS 303)
    DJ-204-0003_1.jpg
    これはラテンのDJではやっている人はいないのですが、今度から入れていこうと
    している機材で、文字通り”音を録音しておいて入れる”という技法”サンプリン
     グ”をするための機械です。
     レゲエでは一般的のようで、ソチラ方面のDJから教わりました。
     効果音(ピコーン、とか爆発音とか、雷の音とかね)を入れておいて随所でいれ
    られるものです。テンポ調整もついているので音楽のリズムを阻害することなく、
    効果的な音を入れて盛り上げることができるようなので、いろいろ研究して遊んで
    みたいと思います。


  こんな感じです。他にも緊急用ミキサーとか、モニタースピーカーとかありますが、
  買いてもおもしろくないのでやめときます。

   私は物持ちDJですが、ラテンに限らずDJというのはいろいろ機材をもっていら
  っしゃるようです。日々いろいろ研究している方々も多く、がんばっていますので
  音楽だけでなく、機械にも興味を持ったらDJに聞いてみてくださいね。



posted by Halo at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

JACK CONSTANZO"THE VERSATILE MR.BONGO"

jack2.jpg

■買っとけ。

JACK CONSTANZOは私の好きなアーティストだが、今回入手のこれは必聴!
とりあえず聴け!!という感じです。

 踊れるか?といわれればまぁ2〜3曲ですね。しかし、スムースあり、SWINGあり、
AFROCUBANありと変化に富んだアルバム構成はとってもお買い得!!
 一歩先ゆくLATIN JAZZを聴きたいならこのアルバムはおさえたい所。
 個人的には10曲目あたりが好きですが、大御所のS@MURAIさんに今度書評を聞いて
 UPしてみることにします。

 とりあえず、いいですよ。オススメです。
posted by Halo at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

最近手に入れたCD。

apach.jpgbailan.jpgray.jpg



夏の間にだいたい20枚くらいCDを買った中の数枚です。

 1.JERRY GONZALEZ AND THE APACHE BAND
"CROSSROADS"
    ラテンジャズ、アフロキューバンjazzの雄、JERRY GONZALEZ。
    このアルバムはJAZZテイストがあるものの、まぁ聴くには
    スムースJAZZに近いものが。
     踊れる曲というと。。。。1曲くらいだったりして(笑)

 2.CUANDO LOS ESPIRITUS BAILAN MAMBO
コンピ。しかし、、、、、

   
    MAMBOはMAMBOでも、、、、キューバンMAMBOじゃねえか。。。。

  玉砕です。。。。

 3.RAY BALLET”TODO SE VAPODIN"
   
   言わずと知れたRAY BALLETはこのアルバムではJAZZテイストでは
   なく、メロディアスな構成をしています。
    しかし、内容は必要にして充分。踊れます。聴けます。

posted by Halo at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

8月のDJスケジュール

さる方面より”月次のDJスケジュールを教えてくれ”という依頼が
何軒かあったので、こっちの日記を利用してスケジュールを入れて
おきます。8月はちょっと忙し目ですが、まぁ空いている日はどうぞ
誘ってくださいな。

 8/2/9/16/23/30(火)関内LA MARIPOSA
          ”NY On2 NIGHT”
 8/4(木)関内LA MARIPOSA
      ”CarlosGarciaウェルカムパーティ”
      GUEST DJもくるよ!!
 8/7(日)逗子海岸オアシス・ラティーノ
      Querer 2 ライブ DJ
 8/10(水)大手町deサルサ@フラット(無料)
      ※大手町は11日も開催!!
 

 あとは、、、現在調整中の六本木が月末に1〜2件、かな。
posted by Halo at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月のDJスケジュール

さる方面より”月次のDJスケジュールを教えてくれ”という依頼が
何軒かあったので、こっちの日記を利用してスケジュールを入れて
おきます。8月はちょっと忙し目ですが、まぁ空いている日はどうぞ
誘ってくださいな。

 8/2/9/16/23/30(火)関内LA MARIPOSA
          ”NY On2 NIGHT”
 8/4(木)関内LA MARIPOSA
      ”CarlosGarciaウェルカムパーティ”
      GUEST DJもくるよ!!
 8/7(日)逗子海岸オアシス・ラティーノ
      Querer 2 ライブ DJ
 8/10(水)大手町deサルサ@フラット(無料)
      ※大手町は11日も開催!!
 

 あとは、、、現在調整中の六本木が月末に1〜2件、かな。
posted by Halo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

Crossing Over〜Jhonny Ray〜

■ロマンチカ、だけどダンサンブル。

jhonny.JPG

 これは私が見つけたのではなく、先生からもらったものなんですが、、、、
 なかなかいいですね。あまりシャープなNYラテンではなく、むしろロマンチカ系
 というのでしょうか、テンポも速すぎず、遅すぎず、英語の歌詞が多いのでなじみやすい。
 
 アルバム中のライオネル・リッチーの名曲”ENDRESS LOVE"のラテン・カヴァーがよく、
 また他にも”Your My Everithing”などのカヴァーが入っているのであまりラテンCD
 を買わない人にも買いやすい一枚です。

 ラテン音楽ネットで買えますよ。(リンクページにあります)
posted by Halo at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

SINGLE or MANY PLAY

 DJをやっていれば、一人でPLAYすることもあり、また他のDJの方々と
 組んでイベントなどでPLAYすることも多い。
 かくいう私もだいたい2〜3回に1回は他の方とご一緒することも多くそのシ
 チュエーションによって曲を使い分けていることに気づいた。

 傾向などは大きくは変わらないものの、チョイスする具体的な曲の方向性が全く
 異なるのだ。もちろん、”同じ曲をやらない”、などの基本的事項は別として
 同じ機材、同じネタを使っていて、本人がやっているのにも係らず、結果として
 やったDJ PLAYはずいぶんと違うものになるのだな、と思う。

 一人でやるときのメリットとして、
  ・好きな曲がかけられる
  ・緩急のつけ方や、強弱を自在に操れる
 
 またデメリットとして
  ・長時間ではネタ切れ(ネタ、というか方向性が1調子になってしまう)になる
  ・始まりから終わりまで、全ての構成を一人で考えねばならず、選曲を間違えた
   場合のリカバリが厳しい時がある
  ・一人で淡々とやるので、ちょっと寂しい(笑)

 
 複数でやるときのメリットとして考えられるのは、
  ・中盤、終盤であれば前の人の傾向を見て構成を考えられる。また考える時間的
   余裕がある
  ・客層やウケ、ノリなどを前のDJや後に控えているDJから聞くことができる
   ので対症療法がやりやすい(処方しやすいってことだね!)
  ・傾向が分散しやすいため、いろいろなスタイル、趣味性のお客さんを満足させ
   ることができる
  ・親切なDJ仲間の場合、途中でエフェクトをかけてくれたり、回りで音響の調整
   をしてくれたりとDJ雑務をやってくれるので常にいい状態でDJができる

 またデメリットとして、
  ・前のDJがあまりにも違う方向性でやった場合、たまにその傾向をひきずってし
   まうことがある(テイストを替えることができない)
  ・同じ傾向のDJがカブった場合は同じ曲をかけてしまうことがある(たまーに
   同じ曲をかけている人がいるのを聴く)
 
 こんな感じになるようです。
 しかしながらSINGLEよりも何人かでやるセッションPLAYの方が、やっているDJ
 本人としては楽しいし、自分で回しながらも他DJの傾向を知ることができるので
 おいしいことうけあいです。
  大手町では3人のDJが回していますが、丁度3人とも傾向がぜんぜん違うので
 あまり曲がカブることはなく、DJ PLAYそのものも、
  
  momoさん:PC DJ PLAYでデジタル
  Kura2さん:CDJスタイルでオーソドックス
  私     :CDJプラスエフェクトで、どちらかというとストリートDJ寄り

 のような感じなので、選曲の方向、DJスタイルの方向がそれぞれぜんぜん違う向き
 になっているという奇跡のようなコラボをやっているわけで、それが結果MIXされ
 てあらゆるお客さんを迎えられるようになっている、と最近は思う。

 一人もいいものだが、複数もまた楽し。でもたまにはひっそりと一人で。
 こんなことをDJは日々思っているのです。
posted by Halo at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

Saxomania  Marejada Feliz

SAXSOMANIAJ.JPG


■とりあえずおさえたい1枚

 なんとなく買ってみたこのアルバム。
  


 イケてます。なかなかいいです。
 2枚組ですが1枚目はインストゥルメンタル中心、2枚目はボーカル中心
 ですが、サルサの名曲をビッグバンドで再現しているだけあって、迫力は
 充分。

  両方に入っている”El Escapulario ”はDJ S@MURAIさんもよくかけて
 いる名曲ですね。

 とにかくシブ目。聴いて損のない1枚です。
posted by Halo at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

最近手に入れたCD。

最近8枚ほどCDを買ったのでその書評。
といっても評するのが私なのであんまり参考になりませんが(笑)

 [BAILE CON CORTIJO Y SU COMBO]ISMAEL RIVERA  
  オランダのオルケスタということだたのであまり期待はしていません
  でしたが、なかなかどうしてビッグバンド系独特の迫力ある音、音源
  が古いので音質はイマイチなものの、曲も踊れる曲調が多く、NYサルサ
  を彷彿させる作りななかなか。聴ける、踊れる1枚でした。

 [THE BEST] WILLY COLON
  これは安定株ですよね(笑)かのDJ NELSON TOLLESのREMIXにも多用される
  曲が多くオススメの1枚です。

[SUEN] EDDY PALMIERI
  これは、、、、踊るために買う人と、聴くために買う人で評価が真っ二つに
  分かれそうな感がありますね。踊るため、であればあまりおいしくないです。
  EDDY PALMIERIはJAZZテイスト溢れるPIANO PLAYが多いですが、かなり野性的
  な弾き方にその独自性があるので人によっては音がとれなくなるかも。
  聴くため、であればやはり大御所、間違いありません。SWING JAZZというより
  スムースJAZZな1枚です。

[HOT TIMBALES!] TITO PUENTE
このあたりは書評など書く必要もないくらいのものですよね。
  このアルバムは2枚組で以前リリースの[OUT OF WORLD] [MAMBO OF THE TIME]
  をくっつけた仕様になってます。
   私はこの[MAMBO OF THE TIME]のTITO PUENTE版が欲しかったので買いましたが、
  上記のアルバムがある方には、あまり必要ないかもしれませんね。

[A TOUCH OF BOOGALOO]RAY BALLET/PEREZ PRADO/OQUESTA BRODWAY etc..
  ブーガルーです。まんまブーガルー。そのままクラブで使えるなどということは
  絶対にないです(笑)
   以前に買った"BOOGALOO A GOGO"と同じく、レッスンなどではかなり使えそうな
  リズムが多く、音も取りやすいです。
   
[RAPSODIA] GONZALO RUMBALCABA  やられました。。。。これはダメだ。踊れない。。。。。
  踊れる曲は入ってません。方向的にはACID JAZZに近いですが、テンポがすさまじ
  すぎて踊るにはかなり手を入れないと難しいですねぇ。
  
[OLE'OLA]MONGO SANTAMARIA
  MONGO SANTAMARIAは基本的に早い曲はあまりないので、本作も例に漏れずゆっくり
  したテンポが多い分、ダンス向きではないかも。でも最後に入っている"PAPA WILLIE"
  はなかなか踊れそう。今度試してみることにします。
posted by Halo at 12:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

Manny Oquendo & Libre  ”AHOLA”

manny.JPG

■わかりやすく、はっきりしたリズムが欲しい人向け
 
 Manny Oquendo & Libreの曲はどれもリズムがはっきりしている。
 サルサを初めてすぐの人でも取りやすい曲が多く、曲のテンポも比較的ゆっくりだ。
 そんな中でもこの”AHOLA”は特にゆっくりな曲が多い。
 DJをやっているとオススメをよく聞かれるが、サルサを始めて3ヶ月未満の人で
 コンピ物が嫌いな人にはこのアルバムを勧めている。

 COREなサルサ人にはかなりかったるく感じるだろうが、雰囲気のあるリズムで踊る
 SALSA ROMANTICAもたまにはいいものです。

 一度聞いて見てください。ラテン音楽ネットで買えます。
posted by Halo at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。