2005年11月29日

BEST OF Irakere

■う〜ん、微妙だ。。。。

irakere.jpg

 先日のFOXTAILGLASSで聞いていいなぁ、と思い買ってみたのだが、
 いかんせんアーティストが言っていた通り、このバンドは当たり外れ
 が激しいようだ。。。。。

 今回のこのBESTも、踊るにはまず"無理!!”という曲が多く、なかなか
 使えるものは少ない。楽曲的にはLatin JAZZというか、かなり崩したAFROCUBANな
 感じだ。JARRYY GONZALES AND APACCH BANDみたいな感じ、といえばいいかな。

 踊る人にはお勧めできないけど、リスニングではオッケーです。
posted by Halo at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

王道なんだが。。。

■JOSE Albert "el canario"
 Back to the Mambo: Tribute to Machito


jose.jpg

 ご存知JOSE Albertの作品 Machitoのトリビュート
 アルバムだったんでBigband系かなぁ、と思いきや
 構成はいたってサルサチックでした。
  結構POPで楽しめる1枚ですね。私は個人的にあま
 り好きな構成ではなかったですが、踊れるテンポが
 多いし、陽気なラテンが好きな方にはいいと思います。

 
posted by Halo at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

MONGO SANTAMARIA”SABROSO”

mongo1.jpg
MONGO SANTAMARIAといば知らない人はいないくらい有名な
人ですが、私は結構"静か目の曲ばっかりやる人だなぁ”という
印象でした。

 最近手に入れたこのアルバムはそれを覆し、やっぱり
すごいんだなぁ、このお方、と思わせる熱い演奏と構成
のアルバムでした。

 特に3曲目の”PACHANGA PA'TI"や6曲目"EL BOTE"、それに
 7曲目の"PITO PITO"はこのままクラブでかけても遜色ない
 いい曲に仕上がってます。

 1993年のリリースだとか。GUAUANCOとかCHARANGAが好きな
 人にはお勧めです。
posted by Halo at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

今日は3枚。

久しぶりの更新です。
今日は3枚ほど紹介。

■Noro Morales "the best of Noro Morales"■

noro1.jpg

 これは、、、、ちょっとお勧めできないですねぇ。
 音楽的にはすばらしいし、メロディーもいいのですが、、、

  ・1曲が短すぎる(2分くらいしかない)
  ・音源が古すぎる(1940年代録音のものなのでデジタルリマスタリング
            しないとクラブでは難しい)

■Noro Morales"Rhumbas and Mambos "■

noro2.jpg

 これはなかなか。RumbaとMAMBOの混声アルバムですからまぁ使える
 もの、使えないものもありますが、全体的にはいいと思います。

■Tito Puente"Party at Puente's Place "■

tito1.jpg

 有名なアーティスト・そして有名なアルバムなのでいまさら紹介するものでも
 ないのですが。。。

  先日横浜JAZZプロムナードですばらしい演奏をしてくれたFoxtailglassのへいはち
 さんがこのアルバムの"Maria Cervantes"を演奏してくださったので以来よく
 聞いてます。
posted by Halo at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

DJ機材の巻。

私の使っている機材

 よく機材とか機械に興味のある方から、”いつもはどんなの使ってるの?”
 と聞かれます。一応説明するのですが、言葉だけだとわかりにくい&私
 の機材はラテンではスタンダードではないのでDJ日記を書くかわりに
 機材の紹介などを今日はしたいと思います。


 その1.CDJ(パイオニアCDJ-800)
 cdj800_a03.jpg
 一番の頻度でもあるCDJはパイオニアを使っています。
 S@MURAIさんなどメジャーな方はCDJ-1000MARKUなどさらに上位機種を使ってらっしゃる
 ようですが、私はメディア(スマートメディア)などの記録媒体を使わない、さらに
 ループ機能を多用するDJスタイルなのでこの機種にしています。これを2台使うわけ
 ですね。

 その2.ミキサー(ベリンガーVMX1000)
  DJ-509-0004_1.jpg
  ”なんでベリンガーなんだ!?”といわれそうですが、持ち運びにとても軽い(という
   か安普請ともいう・笑)ベリンガーのミキサーはとても重宝するのです。
   操作とかは確かにやりづらいし(つまみ軽すぎ)、縦フェーダも短いので微妙なタッチ
   が要求されますが、私は結構このメーカーの”手軽さ”が好きです。

 その3.ターンテーブル(SANTON ST223)
   DJ-502-0003_1.gif
   これは、、、サルサのDJではまだお目見えさせてないんです。
   というのもサルサではアナログはまずありえないことが多いもので、、、、
   でも音はCDに比べ格段にいい!!深みのある音で踊ると、同じ曲でもぜんぜん
   雰囲気が変わるものです。そろそろ投入しようかな、と考えています。
   レコードもたまったしね。

 その4.エフェクター@(KORG KAOS PAD2)
   EF-D-KAOSS_PAD2_s.jpg
   今メインで使っているエフェクターですね。
   値段は3万円台なのでエフェクターでは高くもなく、安くもないくらい。
   しかし値段に見合う効果がたくさんあり、タッチパッドという初めての
   試みで、音のかかり具合を指先で調整する、というユニークな方式を取って
   いるせいで、DJをしていても"演奏している”気分になれます。
    そろそろ第一線から退いて2番手エフェクターになりそうですが、私に
   とっての”戦友”みたいなもので、末永く使いたいと思っています。

 その5.エフェクターA(パイオニアEFX-500)
   DJ-500-0011_s.jpg
    今度から投入するつもりのエフェクター。S@MURAIさんも使ってらっしゃいますね。
    機械の左半分と右半分で音の加工方式が違う(左:リズムに合わせて行うエフェクト
    右:それ以外のエフェクト)ので、一度に2つの効果を作ることができ、さすが
    1流所だけあって、出力側にもアイソレータ(出力調整機能:高・中・低音それぞ
    れに出力を調整できる)がある高級機種です。

  その6.サンプラー(BOSS 303)
    DJ-204-0003_1.jpg
    これはラテンのDJではやっている人はいないのですが、今度から入れていこうと
    している機材で、文字通り”音を録音しておいて入れる”という技法”サンプリン
     グ”をするための機械です。
     レゲエでは一般的のようで、ソチラ方面のDJから教わりました。
     効果音(ピコーン、とか爆発音とか、雷の音とかね)を入れておいて随所でいれ
    られるものです。テンポ調整もついているので音楽のリズムを阻害することなく、
    効果的な音を入れて盛り上げることができるようなので、いろいろ研究して遊んで
    みたいと思います。


  こんな感じです。他にも緊急用ミキサーとか、モニタースピーカーとかありますが、
  買いてもおもしろくないのでやめときます。

   私は物持ちDJですが、ラテンに限らずDJというのはいろいろ機材をもっていら
  っしゃるようです。日々いろいろ研究している方々も多く、がんばっていますので
  音楽だけでなく、機械にも興味を持ったらDJに聞いてみてくださいね。



posted by Halo at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

JACK CONSTANZO"THE VERSATILE MR.BONGO"

jack2.jpg

■買っとけ。

JACK CONSTANZOは私の好きなアーティストだが、今回入手のこれは必聴!
とりあえず聴け!!という感じです。

 踊れるか?といわれればまぁ2〜3曲ですね。しかし、スムースあり、SWINGあり、
AFROCUBANありと変化に富んだアルバム構成はとってもお買い得!!
 一歩先ゆくLATIN JAZZを聴きたいならこのアルバムはおさえたい所。
 個人的には10曲目あたりが好きですが、大御所のS@MURAIさんに今度書評を聞いて
 UPしてみることにします。

 とりあえず、いいですよ。オススメです。
posted by Halo at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

最近手に入れたCD。

apach.jpgbailan.jpgray.jpg



夏の間にだいたい20枚くらいCDを買った中の数枚です。

 1.JERRY GONZALEZ AND THE APACHE BAND
"CROSSROADS"
    ラテンジャズ、アフロキューバンjazzの雄、JERRY GONZALEZ。
    このアルバムはJAZZテイストがあるものの、まぁ聴くには
    スムースJAZZに近いものが。
     踊れる曲というと。。。。1曲くらいだったりして(笑)

 2.CUANDO LOS ESPIRITUS BAILAN MAMBO
コンピ。しかし、、、、、

   
    MAMBOはMAMBOでも、、、、キューバンMAMBOじゃねえか。。。。

  玉砕です。。。。

 3.RAY BALLET”TODO SE VAPODIN"
   
   言わずと知れたRAY BALLETはこのアルバムではJAZZテイストでは
   なく、メロディアスな構成をしています。
    しかし、内容は必要にして充分。踊れます。聴けます。

posted by Halo at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

8月のDJスケジュール

さる方面より”月次のDJスケジュールを教えてくれ”という依頼が
何軒かあったので、こっちの日記を利用してスケジュールを入れて
おきます。8月はちょっと忙し目ですが、まぁ空いている日はどうぞ
誘ってくださいな。

 8/2/9/16/23/30(火)関内LA MARIPOSA
          ”NY On2 NIGHT”
 8/4(木)関内LA MARIPOSA
      ”CarlosGarciaウェルカムパーティ”
      GUEST DJもくるよ!!
 8/7(日)逗子海岸オアシス・ラティーノ
      Querer 2 ライブ DJ
 8/10(水)大手町deサルサ@フラット(無料)
      ※大手町は11日も開催!!
 

 あとは、、、現在調整中の六本木が月末に1〜2件、かな。
posted by Halo at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月のDJスケジュール

さる方面より”月次のDJスケジュールを教えてくれ”という依頼が
何軒かあったので、こっちの日記を利用してスケジュールを入れて
おきます。8月はちょっと忙し目ですが、まぁ空いている日はどうぞ
誘ってくださいな。

 8/2/9/16/23/30(火)関内LA MARIPOSA
          ”NY On2 NIGHT”
 8/4(木)関内LA MARIPOSA
      ”CarlosGarciaウェルカムパーティ”
      GUEST DJもくるよ!!
 8/7(日)逗子海岸オアシス・ラティーノ
      Querer 2 ライブ DJ
 8/10(水)大手町deサルサ@フラット(無料)
      ※大手町は11日も開催!!
 

 あとは、、、現在調整中の六本木が月末に1〜2件、かな。
posted by Halo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

Crossing Over〜Jhonny Ray〜

■ロマンチカ、だけどダンサンブル。

jhonny.JPG

 これは私が見つけたのではなく、先生からもらったものなんですが、、、、
 なかなかいいですね。あまりシャープなNYラテンではなく、むしろロマンチカ系
 というのでしょうか、テンポも速すぎず、遅すぎず、英語の歌詞が多いのでなじみやすい。
 
 アルバム中のライオネル・リッチーの名曲”ENDRESS LOVE"のラテン・カヴァーがよく、
 また他にも”Your My Everithing”などのカヴァーが入っているのであまりラテンCD
 を買わない人にも買いやすい一枚です。

 ラテン音楽ネットで買えますよ。(リンクページにあります)
posted by Halo at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

SINGLE or MANY PLAY

 DJをやっていれば、一人でPLAYすることもあり、また他のDJの方々と
 組んでイベントなどでPLAYすることも多い。
 かくいう私もだいたい2〜3回に1回は他の方とご一緒することも多くそのシ
 チュエーションによって曲を使い分けていることに気づいた。

 傾向などは大きくは変わらないものの、チョイスする具体的な曲の方向性が全く
 異なるのだ。もちろん、”同じ曲をやらない”、などの基本的事項は別として
 同じ機材、同じネタを使っていて、本人がやっているのにも係らず、結果として
 やったDJ PLAYはずいぶんと違うものになるのだな、と思う。

 一人でやるときのメリットとして、
  ・好きな曲がかけられる
  ・緩急のつけ方や、強弱を自在に操れる
 
 またデメリットとして
  ・長時間ではネタ切れ(ネタ、というか方向性が1調子になってしまう)になる
  ・始まりから終わりまで、全ての構成を一人で考えねばならず、選曲を間違えた
   場合のリカバリが厳しい時がある
  ・一人で淡々とやるので、ちょっと寂しい(笑)

 
 複数でやるときのメリットとして考えられるのは、
  ・中盤、終盤であれば前の人の傾向を見て構成を考えられる。また考える時間的
   余裕がある
  ・客層やウケ、ノリなどを前のDJや後に控えているDJから聞くことができる
   ので対症療法がやりやすい(処方しやすいってことだね!)
  ・傾向が分散しやすいため、いろいろなスタイル、趣味性のお客さんを満足させ
   ることができる
  ・親切なDJ仲間の場合、途中でエフェクトをかけてくれたり、回りで音響の調整
   をしてくれたりとDJ雑務をやってくれるので常にいい状態でDJができる

 またデメリットとして、
  ・前のDJがあまりにも違う方向性でやった場合、たまにその傾向をひきずってし
   まうことがある(テイストを替えることができない)
  ・同じ傾向のDJがカブった場合は同じ曲をかけてしまうことがある(たまーに
   同じ曲をかけている人がいるのを聴く)
 
 こんな感じになるようです。
 しかしながらSINGLEよりも何人かでやるセッションPLAYの方が、やっているDJ
 本人としては楽しいし、自分で回しながらも他DJの傾向を知ることができるので
 おいしいことうけあいです。
  大手町では3人のDJが回していますが、丁度3人とも傾向がぜんぜん違うので
 あまり曲がカブることはなく、DJ PLAYそのものも、
  
  momoさん:PC DJ PLAYでデジタル
  Kura2さん:CDJスタイルでオーソドックス
  私     :CDJプラスエフェクトで、どちらかというとストリートDJ寄り

 のような感じなので、選曲の方向、DJスタイルの方向がそれぞれぜんぜん違う向き
 になっているという奇跡のようなコラボをやっているわけで、それが結果MIXされ
 てあらゆるお客さんを迎えられるようになっている、と最近は思う。

 一人もいいものだが、複数もまた楽し。でもたまにはひっそりと一人で。
 こんなことをDJは日々思っているのです。
posted by Halo at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

Saxomania  Marejada Feliz

SAXSOMANIAJ.JPG


■とりあえずおさえたい1枚

 なんとなく買ってみたこのアルバム。
  


 イケてます。なかなかいいです。
 2枚組ですが1枚目はインストゥルメンタル中心、2枚目はボーカル中心
 ですが、サルサの名曲をビッグバンドで再現しているだけあって、迫力は
 充分。

  両方に入っている”El Escapulario ”はDJ S@MURAIさんもよくかけて
 いる名曲ですね。

 とにかくシブ目。聴いて損のない1枚です。
posted by Halo at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

最近手に入れたCD。

最近8枚ほどCDを買ったのでその書評。
といっても評するのが私なのであんまり参考になりませんが(笑)

 [BAILE CON CORTIJO Y SU COMBO]ISMAEL RIVERA  
  オランダのオルケスタということだたのであまり期待はしていません
  でしたが、なかなかどうしてビッグバンド系独特の迫力ある音、音源
  が古いので音質はイマイチなものの、曲も踊れる曲調が多く、NYサルサ
  を彷彿させる作りななかなか。聴ける、踊れる1枚でした。

 [THE BEST] WILLY COLON
  これは安定株ですよね(笑)かのDJ NELSON TOLLESのREMIXにも多用される
  曲が多くオススメの1枚です。

[SUEN] EDDY PALMIERI
  これは、、、、踊るために買う人と、聴くために買う人で評価が真っ二つに
  分かれそうな感がありますね。踊るため、であればあまりおいしくないです。
  EDDY PALMIERIはJAZZテイスト溢れるPIANO PLAYが多いですが、かなり野性的
  な弾き方にその独自性があるので人によっては音がとれなくなるかも。
  聴くため、であればやはり大御所、間違いありません。SWING JAZZというより
  スムースJAZZな1枚です。

[HOT TIMBALES!] TITO PUENTE
このあたりは書評など書く必要もないくらいのものですよね。
  このアルバムは2枚組で以前リリースの[OUT OF WORLD] [MAMBO OF THE TIME]
  をくっつけた仕様になってます。
   私はこの[MAMBO OF THE TIME]のTITO PUENTE版が欲しかったので買いましたが、
  上記のアルバムがある方には、あまり必要ないかもしれませんね。

[A TOUCH OF BOOGALOO]RAY BALLET/PEREZ PRADO/OQUESTA BRODWAY etc..
  ブーガルーです。まんまブーガルー。そのままクラブで使えるなどということは
  絶対にないです(笑)
   以前に買った"BOOGALOO A GOGO"と同じく、レッスンなどではかなり使えそうな
  リズムが多く、音も取りやすいです。
   
[RAPSODIA] GONZALO RUMBALCABA  やられました。。。。これはダメだ。踊れない。。。。。
  踊れる曲は入ってません。方向的にはACID JAZZに近いですが、テンポがすさまじ
  すぎて踊るにはかなり手を入れないと難しいですねぇ。
  
[OLE'OLA]MONGO SANTAMARIA
  MONGO SANTAMARIAは基本的に早い曲はあまりないので、本作も例に漏れずゆっくり
  したテンポが多い分、ダンス向きではないかも。でも最後に入っている"PAPA WILLIE"
  はなかなか踊れそう。今度試してみることにします。
posted by Halo at 12:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

Manny Oquendo & Libre  ”AHOLA”

manny.JPG

■わかりやすく、はっきりしたリズムが欲しい人向け
 
 Manny Oquendo & Libreの曲はどれもリズムがはっきりしている。
 サルサを初めてすぐの人でも取りやすい曲が多く、曲のテンポも比較的ゆっくりだ。
 そんな中でもこの”AHOLA”は特にゆっくりな曲が多い。
 DJをやっているとオススメをよく聞かれるが、サルサを始めて3ヶ月未満の人で
 コンピ物が嫌いな人にはこのアルバムを勧めている。

 COREなサルサ人にはかなりかったるく感じるだろうが、雰囲気のあるリズムで踊る
 SALSA ROMANTICAもたまにはいいものです。

 一度聞いて見てください。ラテン音楽ネットで買えます。
posted by Halo at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月8日大手町@ガーデン

■LA中心で。

 昨日の大手町では私は1番手。いきなりCOREなNY・ラテンジャズをやるわけ
 にもいかず、とりあえずismael milandaあたりから始めました。
  最初にかけた曲は先日広島にうかがった際にむこうの方々が”ゆかた祭り”という
 イベントで踊るために使っていた曲だったので思い出してかけてみたわけです。

 続けてINDIAから1曲。
 
 3曲目にしていきなり疲れてきた(いつもやらない方向性ばかりなので)のでラテン
 ジャズの中からかなりゆっくりな"strut"を1曲。

 その後もあまり早すぎないものを中心にSPIN、いやぁ、やっぱり1番手は疲れるわ。
 でも早くにお役ご免になったから中盤のKURA2さん、後半のhideさんの曲がちゃんと
 聞けるのは嬉しい所だ。

  いやぁ、しかし普段やらない曲をDJ PLAYで使う、というのは疲れるものだ。。。
posted by Halo at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

インディア。

NY・ラテンジャズ系をDJの柱にしている私だが他をまったくきかないわけではない。INDIAなどはその代表のようなもので自分でかけることはあまりないが、一人の時にはよく聴くアーティストでもある。

かわいい顔つきとは裏腹に声はハスキーで、ソウルを感じさせる。

有名な曲で今更私が紹介するまでもないのだが、MARK ANTHONYとフューチャーしている『VIVIR LO NUESTRO』はそのサビのメロディとINDIAの切ない歌い方が、言葉のわからない私にも何か響くものがあり、最近よく聞いている。クラブでは頻繁にかかりますが、ことこの曲がかかると踊らずに聴き入ってしまうのです。
posted by Halo at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

Confessions of a Salsa DJ 1

ちょっと前の話になりますが、大手町DJ3人で座談会を
やりました。ぶっちゃけネタあり、笑い話あり、それぞれ
の遍歴やDJに対する考えなどを対談形式でmomoさんが綴って
くれましたのでUPしておきます。横浜出身のDJが考える
”サルサ・ラテン”について3日間分割でUP、です。

今週末、横浜赤レンガ倉庫で行われるLaPachangaEnLaCasaに出演する横浜拠点のDJ3人。大手町deSalsaでもおなじみ(かな?)のDJ3人で、ちょっと改めてお互いの氏素性、DJになったきっかけ、サルサへの姿勢、から最近のサルサシーンてどうよ、というところまで、自己紹介も兼ねて自由にしゃべってみました(オフレコ7割、で書けるのは3割なんですけど)。SalsaDJってあんな重いもん持ってきて、難しいカオしてブースの中でなにカッコつけてんの?とお考えの方、ま、ちょっと読んでみて、DJならではの悩み、面白さの一端を感じてみてください。全4回の予定。
では、開始!

5月○日 横浜市内某カフェにて
登場人物 大手町 de Salsa のDJ3人組
DJ Kura2 サルサロマンティカ大好き、最近バチャに目覚める
DJ Halo  マンボなダンスにマンボな選曲、クールなNY系DJ
DJ Hide  キューバンしか知らない、と思われがちだが・・・。

第一部 DJ誕生!編

Hide
なんでDJやってんの、ってよくきかれるんだよね。Kura2やHalosさんはDJはじめたきっかけってなんなの。
Kura2
横浜Mariposaでの火曜のIKUZOさんのレッスンのあとのDJタイムでね、IKUZOさんがDJしてて生徒さんと踊れないので、僕が自ら買って出たのがきっかけ。
Halo
ぼくはね、最初はまずサルサとの出会いだけど、友達のお兄さんがサルサ教室やるからこない?って誘われて、行きだした、というのが最初。で僕もMariposa火曜のIKUZOさんのレッスンに出てて、CD集めだして、なんでかな、なっちゃったの。
DJって最初はもっとね、すごい、職業だと思ってて、ちょっとかじったくらいのひとが出来るもんじゃないと思てった。で、Kura2さんやIKUZOさんがやってるのを見て楽しそーだな、て思って、自分もやりたいな、と。それからかな、まずMariposaでやらせてもらって。ちょっとずついろんなところでお願いしてって感じ。
Hide
ぼくの場合はYLDC(横浜ラテンダンスクラブ)でレッスン時の選曲係募集ってとこから始めて、これは自分で踊りたいって思う曲をかけたいってことから応募した。それが去年の3月。最初は機材なくて練習場にあるラジカセ、CD−Rも読まないの(笑)。で、自分でPCとスピーカーシステム持って行ってなんとかカッコつけて。で、正式デビュー戦が鎌倉稲村が崎の「夕日deSalsa」という今に続くMotokaさんとのコラボの走りでほぼ自前イベント。これが4月、いきなり50人くらい来てもらって、ひとりでやったの。そのあとゴールデンウィークにSHJ(サルサホットラインジャパン)のDJ講座に行った。ってオマエそれ順番逆だろうって(笑)。勉強してからデビューしろよ、みたいな。夕日deSalsa最初の曲はバンボレオの「Opening」ってそのままやんか、という曲だったのは覚えてる。
Kura2
オレはスパニッシュハーレムオーケストラの「Tambori」だったかなー最初。
Halo
ぼくはロスソネーロスデルバリオだと思ったけど、曲名忘れた(笑)。最近は踊るのもいいんだけど、曲かけるほうが全然楽しくなってきてね、特に自分の機材で少し、こう、テクニック入れながらね。踊りそのものは2番目。
Kura2
オレはまあダンスもやりたいし、両方したいんだけど。またアンドレス(横浜拠点のインストラクター)のチームで7月お台場
出る事になっちゃって。
Halo,Hide
えー、出るんですか?!!
Kura2
いや、無理すればできるかなーって思って。でも、昼普通に仕事して、夜レギュラーでDJやって、深夜PCの前で曲考えてるって
生活でちょっと身体悪くしちゃって。無理矢理にでもPCの電源落とすようにして休まないとダメね。
Hide
夜中に機材とか曲とかいじってるとすぐ2時とか3時になっちゃうよね。
Kura2
そう、一人でやってると入り込んじゃうしさ。イヤーちょっと入れ込み過ぎかな、って思うんだけどね。
で、Hideさんのペースがいいかな、と。身体壊して寝込んじゃった時そう思ったのよ。
HIde
割と仕事が夜遅くなる事が多いので2人みたいに平日レギュラーでってのが無理なんですね。で、土日のイベント中心に呼んでいただく、というか。そうなってるね、大手町以外。
Halo
ひとによってスタンス違うからね、。セミプロみたいな感じでやるひともいるし、
趣味の範疇でっていうひともいるし。どっちがいい悪いじゃないよね。
Kura2
Haloさん、ガーッと行こうとしてない?
Halo
おれはどっちかというとプロ志向だよね、
Kura2
だから、CDもコピーじゃなくて買うし、
Halo
最近コピーじゃいやですね。
Hide
機材も買うし。
Halo
そうそう、経済的にもたいへんだけどね。先輩に紹介してもらって。
いろいろメーカーさんとも話してね。
Hide
それもプロ志向としての一つのかたちだよね。売り込みだもんな。自分でつかんでいってるよねチャンス。
Halo
だからってプロがエラくてアマチュアそうじゃないて思ってるわけじゃなくて。
なりたいのは自分であって、アマチュアとして楽しんでやってる人はそれでいいと思う。
絶対に間違いじゃないし。逆にそういう人たちのほうがお客さんを呼んでくるときだってあるんですよ。
サルサってそういうFunな感じがするじゃないですか。
DJだって オレは裏方だからって構えてるんじゃなくて
笑顔で話しかけてくれれば一緒に飲むし、踊るし、曲もかけるしって感じがサルサDJの良さだよね。
Kura2
そうだよね。 いや、ところがそうじゃない人もいるんだよね。
Halo
そうでない人?
Kura2
いや、東京のとあるクラブに行ったらさ、いい曲かかってるんだけどさ。DJブース見たらさ、
いや、もうこんな顔なのよ!!(注:目がつりあがりかつ額にシワがよってるそうです)
まわり、友達も多いんだけどさ。だれも、近づけないのよ。
こ〜んな顔で(爆笑!Kura2さんの実演付きでした)。
そこの人に聞いたらさ、ほんと、テンパッてるらしい。余裕なし。挨拶しようかなと思っても誰も近づけない。
Halo
いっぱいいっぱいなんだ。
Kura2
彼の場合「ボクはアーチスト」って思ってる訳じゃないと思うけどさ。眉間にしわ寄ってさ。
なんかいきなり、なんだよね。テンパッてて。近寄りがたい雰囲気出しちゃってるのよ。
Hide
けっして、一緒に踊って〜、なんて言えないんだ(笑)。
Kura2
そうそう、いえない、いえない,
そんな雰囲気じゃないのよ(爆笑)。
おれなんかすぐ踊っちゃうけどね。いっちゃうけどね,フロア。
Hide
ホイホイいっちゃうよね(爆笑)
Halo
いないもん、Kura2さん、すぐいなくなっちゃうもん,DJブースから。
Kura2
いや、このないだの大手町はね、バチャータかかったら踊ってって、予約されてたのよ。
近くでいるから踊ってねってね。ほんと、予約、ブックされてたのよオレ。しょうがないのよ、アレ(笑)。
Hide
で、2人はサルサにハマる前はなに聴いてたの?ぼくは直前だとPrince、で、さかのぼって洋楽初体験はベイシティローラーズ!今でもサタデーナイトはカラオケで歌える(笑)!
Kura2
オレね歌謡曲好きだったらしいね、ガキの頃。高校でギターやシンセやりだして坂本龍一やピンクフロイドに影響受けて自宅多重録音で曲作ってた。ある展覧会のBGMに曲が採用されたこともあるよ。1ヶ月流れてた。
で、なぜかキューバ大使館のイベントでサルサと出会うんだよね。なぜか入門はキューバン。結局好きなサルサ歌手というとホセアルベルトやノラに行き着いちゃったけど。
Halo
私はハードロック中心の洋楽遍歴ですね、エアロスミスやモトリークルーね。かと思うと、ケニーGやボビーコールドウェルも好きだったりする。で、今サルサ系で言うと、エクトルラボー、ウィリ−コロン、ルベンブラデス、ティトプエンテ、って感じ。
Hide
2人とも、一癖も二癖もある遍歴だよね。こりゃ、踊ってるだけで終わらないのもわかるよ。
自分でも思うんだけど、それまで聴いてきた音楽も今のサルサっていうジャンルのなかでも、生かされてるっていうか。
傾向はつながってるとこがあるような気がする。
プリンスからティンバってなんか自然な流れのような。ってオレだけか、そう思うのは(苦笑)
Halo
僕の場合もやっぱり一貫性あるかもね、クールで激しいものを好む、というね。
Hide
Haloさんは機材も凝ってるよね、スゴいもん持ってくるじゃない。オレの場合はさ、PCで始めたから、これはちゃんとした機材のない店でやるにはドースル? てとこからそうなったんだけど。今でもiBook+DJConsole for Macなんですよ。これ安上がりよ。それに下手でも何とかなっちゃうもん、ちょっと制限あるけど。オレみたいに自分でも好きな曲は踊りに出たい、ってへっぽこDJには合ってるよ。
Halo
僕は逆にアナログのほうへいっちゃった。
Kura2
マシン系統いちばん、くわしいよね.
Halo
2極化してきたよね、サルサに限らず。PC系に行く人とその場で音を作るライブ志向、アナログ志向の人と。
どっちがいいと悪いとはいえないけど。音の深みを求めていいくとアナログ、ポップな明るさだとか、テンポとかを求めていくと
デジタルになるみたいな。その時々で良さ悪さでてくるよね。
機材も基本的には自前でやろうと思ってる。今はパイオニアのCDJ800or1000mark2.
総じてSalsa場の機材って古くてメンテ悪くて使いにくいのが多いような気がして。

Kura2
イベント会場とかだと自前のVestaxCDJ持ってくけどね 。六本木のCも機材はいいよ。

以下第二部 野望編 ヘ続く。
posted by Halo at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

5月11日”大手町サルサ・ガーデン”

まぁ曲目なんかはおいときまして。。。。。前回のサルサガーデンでは
hideさんに続き2番手、久しぶりの中盤SPINでしたので少しだけ
序盤からテンポを上げ気味にやってみました。序盤だともう少しゆっくり
やるんですがね。HIRO&TAKUさんのレッスンが初中級向けだったのであま
りゆっくりすぎてもな、という考えで初めから速めに回してみました。

 しかし、今回から私は一つの指針に従ってSPINしたのです。
 ”ラテンジャズは極力やらない”。
 どうもあの開放的な雰囲気にJAZZは合わない気がするんですよね。
 曲をかけていて思うのは、”JAZZには大人の雰囲気が良く似合う”と
 いうコンセプトがあるせいか、やはりああいったイベントでは陽気でPOP
 なサルサが合う気がするのです。

 しかし私はNYサルサ&ラテンジャズが中心。てなわけでNY系でも陽気なも
 のや雰囲気のあるものをチョイスしてみました。
 ちょっと中継ぎ程度にかけたつもりのNEW SWING SEXTESTのジャズ風のアレンジ
 曲では、前で踊っていた外人さんが”あまり聞かない曲だけど雰囲気があって
 いい。曲を教えてくれ”と聞きにこられました。これはIKUZOさんからおしえ
 てもらった私の定番でもあるのですが、意外と知らない方が多いんですよね。
 かけるとよく”なんて曲?”と聞かれることが多いです。

 ROBELT ROENAのアルバムからの1曲ではあおちゃんスタジオのレディースが”あ!”
 と反応してくれました。NYサウンドではめずらしくロマンティカ系の雰囲気のあ
 るいい曲ですね。

 次回はフラットだからちょっと違った方向性で行こうと思います。NY・ラテンジャズ
 という基本の方針は変えませんが、屋外というのも考慮して静かめなナンバーを中心に
 やることにしましょう。
posted by Halo at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

レッスン用。

★Boogaloo Ago-go★

boogaloo.jpg

 めずらしくBoogalooなんぞを買ってみた。さすがレゲエの進化版、ゆっくりです。
 初めからDJとしてでなく1リスナーとして買ったので納得ですが、ことインスト
 ラクターの方々にはなかなか使えるなと思います。
  ウォーミングアップやベーシック、ターンの基礎練習にはいいリズム。
  結構流通しているアルバムですから手に入れやすいかも。

  踊るための方にはあまりオススメできませんが、なかなかよい出来です。
posted by Halo at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買いだね。

snowboy.jpg

★SNOWBOY&THE LATIN SECTION
  〜PIT BULL LATIN JAZZ〜 ★

  昨日なにげなしに石川町の中古レコード屋”Banana RECORD”に立ち寄ったら
  ラテンコーナーの中古盤が充実していたので何枚かBOOGALOOとlatin JAZZを買った
  中の1枚。

  いいです。ラテンです。JAZZです。ちょっとMAMBOっぽいです(笑)
  4曲目に”HAVANA CLUB”というのが入っているのですが、これがまさに
  LATIN JAZZ。イケてます。
   他にも1〜2曲そのままでも使えるもの。ピッチを少し落とせば充分に
  踊れる曲もあり、おいしい1枚でした。
 
   普通の流通にあるかは知りませんが、今度から私のヘビーローテーションになる
  こと請け合いです。”聞きなれないJAZZがかかるようになったな”と思ったら、
  これだと思ってください。
posted by Halo at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。